成婚までの流れ

カップル

半年以内が目安の期間

大阪の仲介型結婚相談所では、担当カウンセラーが成婚まで手取り足取りのサポートをしてくれます。一般的に成婚と言うと婚約した段階と思われがちですが、大阪の結婚相談所では真剣交際をすると決まった段階としているところもあるので確認が必要です。大阪の結婚相談所を選ぶときはいくつか候補を絞り、無料カウンセリングなどを受けて自分と相性の良さそうなカウンセラーを探します。入会が決まったら、住民票と独身証明書、写真付き身分証明書の写しを準備し、学歴や国家資格を記入するのであればその証明書も持って行きます。そこから細かなプロフィールを作成かつ公開すると同時に、自分も相手のプロフィールを見て調べることが可能です。会いたいとう相手がいれば、カウンセラーを通じて連絡を取りお見合いをセッティングしてもらいます。そしてお見合い後に交際したいとお互いが思えば、仮交際となります。仮交際の申し込みもカウンセラーにし、最初は男性から女性へ連絡を入れるのが一般的なルールです。なお、仮交際の期間は基本的に3ヶ月で、6ヶ月に延長できる場合が多いです。仮交際中は2、3人の相手と付き合うことができ、仮交際を経て真剣にお付き合いしたいと思えば真剣交際を申し込みます。真剣交際は1人に絞ることなので、仮交際もお見合いもできません。真剣交際して結婚の意志が固まれば、大阪の結婚相談所に成婚を知らせて退会となります。また、入会から成婚までの期間の目安は半年以内で、早い人で数ヶ月です。

Copyright© 2017 理想の結婚を実現させるたいなら|積極的に婚活をしよう All Rights Reserved.